訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

民泊メール代行

英語のできない民泊ホストにとって、宿泊予定者とのメールなどでのやり取りは面倒な作業です。メール部分を代行業者に依頼して効果的な民泊物件の運用を図りましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

民泊メール代行の資料を

無料でダウンロード

民泊メール代行の概要

民泊運営において意外と手間になるのが予約前後などのゲストとのメールなどのやり取りです。外国人ゲストの場合、日本語で応対できることは稀で、英語をはじめとして、中国語、韓国語、タイ語などでメールやメッセージなどのやり取りが必要になる場合が多くあります。特に予約前のメールやメッセージでの問い合わせについては、宿泊が確定していない見込み顧客に対して応対しなければならず、また、ないがしろにもできないものです。また、世界中のゲストが予約する以上、時差の関係から24時間で対応できることが望ましいと言えます。そこで活用したいのが民泊向けのメール代行サービスです。民泊メール代行サービスは、ホストに代わってあらゆるメールやメッセージの問い合わせに対応してくれます。

民泊メール代行のイメージ

12d57ebad2d671107177766c59fb8523d90418aa

民泊メール代行を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

民泊メール代行の対応言語数

民泊メール代行業者によって、代行できる言語が英語だけだったり、中国語やその他言語も対応できたりします。今まで民泊運営するなかで、自身の民泊施設のゲストの国籍別割合をおおよそ把握出来ていると思うので、その国での言語にも、民泊メール代行業者が対応しているかどうかをチェックしましょう。

Point2

民泊メール代行業者が対応できる民泊予約サイト

民泊メール代行とは言っても、実際にゲストとのやり取りをする場はメールではなく、Airbnbなどの各民泊予約サイト上でのメッセージのやりとりが主だったものになります。そのため、比較・検討している民泊メール代行業者が、どの民泊予約サイト上で代行してくれるのか、自身が登録している民泊予約サイトも対応可能なのかを把握することが必要です。

Point3

民泊メール代行の対応時間

民泊を予約するゲストは世界中に点在しています。その為、時差の関係から、日本での深夜に問い合わせのメッセージが届くこともままあります。このような日本時間での深夜の問い合わせに対応できるか否かが稼働率アップ・収益アップにつながってきます。自身で対応するのではなく、民泊メール代行業者を活用するのであれば、このような問い合わせに対応できるよう、民泊メール代行業者の対応可能時間が24時間365日なのかどうかをチェックすると良いでしょう。

Next white

民泊メール代行の
資料を

無料で一括ダウンロード