訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

民泊用保険

訪日外国人の宿泊によって施設が破損してしまったり、盗難にあったりと民泊では何かとトラブルがつきものです。それらをカバーするためにも民泊専門の保険に入っておきましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

民泊用保険の資料を

無料でダウンロード

民泊用保険の概要

民泊用保険とは、民泊を運用するホスト向けに、民泊運用上で発生しうるリスクに対する補償を提供する保険サービスのことを指します。近年の民泊市場の盛り上がりと民泊ホストの増加にともない、様々な民泊用保険が登場してきています。民泊を運用する上で特にリスクとして問題になるのは、ゲストが起こしてしまった火災や物損などのトラブルです。民泊運用を行う物件は、不特定多数の人が宿泊することから一般住宅扱いにはならず、通常の火災保険は適用になりません。そのため、万が一ゲストが火災を起こしてしまった場合大損害を被る可能性があり、これをカバーするためにも民泊用保険の需要が高まってきています。

民泊用保険のイメージ

7876329c93b2a2d6f287966e1dd84deeb2d18b65

民泊用保険を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

民泊用保険の料金体系

民泊用保険によって、料金体系が1物件あたりにかかるのか、平米あたりに変動するのか、完全見積なのか様々です。民泊を運用する際の事前シミューレーションや、現状の売上から、どこまで保険費用を捻出できるかも考慮にいれて比較しましょう。

Point2

民泊保険の適用範囲

例えば生命保険や車の保険と同様に、民泊保険においても、補償の適用条件、範囲、保険金額は様々です。民泊保険において最も注意したいのが、自分でコントロールできないゲストが起こしてしまったトラブルです。ゲストが物件を壊したり、近隣の第三者に危害を加えてしまったりした場合を保障しているのか、また保険金がどれだけでるのかを把握しておきましょう。

Point3

保険対象物件が変更できるか

民泊運用をビジネスとしてやっていく場合、収益が成り立たない物件を切り捨て、別の物件にシフトすることはままあります。そのため、保険の対象となる物件を途中から切り替えることが出来るかどうかも比較ポイントになります。

民泊用保険の一覧

Next white

民泊用保険の
資料を

無料で一括ダウンロード