訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

民泊清掃代行

民泊を運用するにあたって最も面倒なのは宿泊者チェックアウト後の清掃業務です。清掃部分だけを代行してくれる会社を駆使して民泊物件の効率的な運用を図りましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

民泊清掃代行の資料を

無料でダウンロード

民泊清掃代行の概要

日本でもインバウンド市場の拡大によりAirbnbの知名度があがり、民泊ビジネスの人気が高まってきました。しかしながら、民泊サービスの運用においては、様々な面倒があり、サイドビジネスとして1人で運用するのは難しいと言えます。特に、民泊として貸し出している部屋の清掃は最も負担となる部分です。民泊清掃代行は、このような手間のかかるゲストチェックアウト後の民泊物件の清掃を代行してくれるサービスです。民泊ビジネスが盛り上がるにつれ、各清掃会社が民泊向けの清掃代行サービスを打ち出しています。

民泊清掃代行のイメージ

F93eb14f59e212729dee84a820c5027c7d9f8357

民泊清掃代行を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

基本となる清掃サービスの料金体系

民泊清掃代行において、清掃料金は、部屋の広さまたは清掃にかかる時間に応じて決まっているのが一般的です。例えば一般的な1LDK(およそ40〜50㎡)の場合、5,000〜7,000円程度が相場となっています。通常、民泊清掃代行での「清掃」とは、いわゆる「整理整頓・掃除」の範囲までで、洗濯やクリーニングが必要な場合などは別途料金がかかる場合があります。

Point2

清掃代行に付随する洗濯費や交通費などの料金

民泊清掃代行において、清掃に付随するサービスとして一般的なのは、洗濯(クリーニング)、消耗品の購入代行などです。これらが清掃代行の基本料金に含まれている場合と別途料金になるケースがあるので、オプションの料金体系もチェックしておきましょう。なお、清掃用品や交通費なども別途請求になる場合もあります。

Point3

清掃代行の品質

民泊清掃代行業者を選ぶ上で、料金体系を把握しておくことは大事ですが、最も重要なのは、その清掃代行のクオリティーです。清掃が行き届いてなく、ゲストの評価が悪ければ、民泊予約サイト上での評価も悪くなり、収益も下がってしまいかねません。極端に清掃代行料金が高かったり安かったりしない限りは、実績や評判などから、その品質を比較するようにしましょう。

民泊清掃代行の一覧

Next white

民泊清掃代行の
資料を

無料で一括ダウンロード