訪日タイ人向けメディア

2013年のビザ発給要件緩和以降、円安効果とバーツ高効果もあり、訪日タイ人観光客は近年急激にインバウンド消費において存在感を放っています。中国や台湾をはじめとした訪日ブームが加速している東南アジアの中でも、成長率が最も著しい国の一つです。また、訪日タイ人観光客の大半はリピーターであり、FIT(個人旅行者)比率が6割以上と主流になっています。年々増加していることや訪日リピーターが多いことを考えると、インバンド市場においてまだまだ成長する期待ができそうです。訪日タイ人向けメディアを運営している会社もいくつかありますので、ぜひ比較検討してみてください。「タイ人の特性を熟知していること」や「現地とのコネクションの有無」などが選択する際の基準として挙げられます。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

概要文

訪日外国人向けメディアを利用する際に意識したいのが、そのメディアは旅マエ、旅ナカ、旅アトのうち、どの部分に役立つものであるのか?ということです。宿泊施設であれば旅行前に知ってもらう必要があるので旅マエ、旅行中に立ち寄って欲しい飲食店なら旅マエ、旅ナカのメディアを利用するなど、自身のビジネスがどのシーンで情報として伝わるべきかを考えてメディアを利用することが重要です。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

ソリューションを選ぶときの3つのポイント!

  • ポイント1実際に訪日タイ人に知られているか

    タイはその言語の特徴もあり、インターネットサービスも独特な進化を遂げると言われています。そのため他の訪日外国人に人気のサイトがタイ人にも人気があるわけではなく、タイ人にとってもわかりやすい、知られている訪日タイ人向けメディアであるかどうかが選択のポイントとなります。サイトがしっかりとタイ語で表記されているか、また宗教上の戒律や食文化などもしっかりと理解している訪日タイ人向けメディアであるかどうかも選択のポイントとなるでしょう。

  • ポイント2メディアのコンテンツの内容

    訪日タイ人向けメディアとしてどのようなジャンルに注目しているかにも注意が必要です。例えば、オタクカルチャーを中心としたコンテンツを展開する訪日タイ人向けメディアに"匠の技が光る包丁"の記事広告を出しても効果はあまり見込めないでしょう。基本的にはタイ人は特に日本のアニメ文化などのファンが多く、コミケなどを目的地として日本を訪れる人も多いのが特徴です。その訪日タイ人向けメディア実際にどのようなジャンルを得意としているのか、どのような記事や口コミが多いのかなどを見極める事が必要です。

  • ポイント3メディアのPV・伸び率

    メディアの現状のPVや伸び率は、特にメディアでのバナー広告出稿を考えている場合には重要な指標になります。単純にPVが多ければ多いほどリーチする対象が増えます。また、インバウンド市場の盛り上がりによって人気のメディア・不人気のメディアが別れはじめています。広告出稿などを検討している訪日タイ人向けメディアが提供する資料などでPVや、その伸び率などを把握すると良いでしょう。

同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。
7件
同じカテゴリのソリューション7件
※資料閲覧出来るソリューション 2件
他のソリューションと比較検討されたい方は、
まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。