訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

免税店申請代行(専門士業)

小売店のインバウンド対策の基本である免税店の申請は面倒な手続きが必要です。申請に相談に乗ってくれる免税店申請に強い士業の方を選びましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

免税店申請代行(専門士業)の資料を

無料でダウンロード

免税店申請代行(専門士業)の概要

訪日中国人観光客の「爆買い」で一躍有名となった「免税」。現在では街のいたるところでこの「免税」の文字を見かけるようになりました。しかしながら、インバウンドにおける免税店、つまり消費税免税店になるには、納税地の所轄税務署に申請書を出して審査を受けることが必要で、さらに許可を受ける必要があります。その許可を受けるには、現に国税の滞納していないことはもとより、免税手続きに必要な人員を売り場に配置し、免税販売手続を行うための設備を持っている必要があります。これらの免税店になるための必要な準備のコンサル、および免税店申請を代行してくれるのが、免税店申請代行サービスです。

免税店申請代行(専門士業)のイメージ

7867247ed1b7548aec2091d7804872654b4d4f87

免税店申請代行(専門士業)を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

免税店申請代行サービスの対応エリア

免税店申請代行は、税務署への申請や書類が必要なことから、行政書士や税理士などの士業が提供しているケースが多くあります。そのため、免税店申請代行サービスに寄っては、行政書士事務所、税理士事務所のあるエリア内の店鋪のみの対応となる場合も多いので、対応可能エリアをチェックしておくようにしましょう。

Point2

免税店申請代行サービスの対応範囲

免税店申請は税務署への書類申請が必要なことから、最終的には税理士が対応しなければなりません。行政書士が提供する免税店申請代行サービスの場合、書類作成までの代行対応であったり、または、税務署への書類申請については提携している税理士に依頼したり紹介したりする場合があります。また、書類作成代行だけでなく、店舗の設備などのコンサルをしてくれるケースもあるので、これらを加味して比較・検討すると良いでしょう。

Point3

免税店申請代行サービスの料金

免税店申請代行にあたって、ポイント2のように各フェーズがあり、それぞれに料金がかかる場合があったり、別途顧問契約が必要になったり、また免税店申請代行サービスによっては万が一申請が通らなかった場合に返金対応したりするなど、サービスによって料金体系がまちまちになります。そのため、すでに顧問税理士がいるかなどを考慮して免税店申請代行サービスを比較・検討すると良いでしょう。

Next white

免税店申請代行(専門士業)の
資料を

無料で一括ダウンロード