訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

行政書士 田上 創

D46c4b8dc3046aa75fec0120e72cd62b0dafa3e5

ゼロからの民泊ビジネス開業をプロがサポート

独自のノウハウに基づく圧倒的なスピード申請をします。不動産オーナー様の負担を10分の1に軽減し、さらに独自メソッドにより外国人宿泊者と周辺住民とのトラブルを未然に防止します。

行政書士 田上 創

大阪府大阪市北区芝田1-4-17 梅田エステートビル2F

477d630131d8588fcf964e44f62b15b51e6ba54f

行政書士 田上 創 の概要

インバウンドの盛り上がりに合わせて民泊運営が不動産オーナーの間で選択肢になってきましたが、旅館業法に則った簡易宿所(ゲストハウス)の運営や特区での民泊運営は、法令・条例の更新や法令への適合性チェックや周辺住民との折衝など専門家抜きで進めるには困難です。民泊セミナーなどを通してまずはご相談ください。

行政書士 田上 創 のポイント

基本ポイント

Point1

簡易宿所開業関連

簡易宿所開業の場合、旅館業法他、多数の法令への適合性をあらかじめチェックする必要があります。旅館業許可では細かい規制要件を満たした図面作成が重要になります。図面作成のコンサルティングから始める場合は報酬金額が大きく変わる可能性がありますので、まずはご相談ください。

Point2

特定認定申請関連

許認可申請の専門家である行政書士がとっくにおいて特定認定申請を行います。これにより特区内での民泊(Airbnb)のホストを適法に行えます。ただし特区内であっても近隣住民とのトラブル回避は求められるため、あらかじめ対応できる行政書士などを選定することが必須です。

Point3

民泊セミナー

民泊ビジネスに関しては情報が錯綜しており、開業するにも何をどうすればいいかわからないオーナーが多いのではないでしょうか。当社では国家戦略特区の民泊条例の最新情報を提供する「不動産オーナーのためのAirbnb・民泊セミナー」を承っています。

行政書士 田上 創 のプランと料金

料金体系

簡易宿所 新規営業許可申請(事前調査)

当事務所では本申請の前に必ず事前調査を行います。

50,000円〜

簡易宿所 新規営業許可申請(本申請)

事前調査の結果、許可が下りる可能性がある場合に限って本申請の準備を進めます。

200,000円〜

特定認定申請 費用・報酬(大阪府・大阪市)

自治体へ払う手数料21,200円が含まれています。別途、交通費・送料・証明書発行料等の実費がかかります。

221,200円

特定認定申請 費用・報酬(東京都大田区)

自治体へ払う手数料20,500円が含まれています。別途、新幹線代・送料・証明書発行料等の実費がかかります。

270,500円

民泊セミナー

セミナーは標準的な目安で2時間程度です。

50,000円〜100,000円

行政書士 田上 創 のスクリーンショット

スクリーン 1
スクリーン 2
スクリーン 3
スクリーン 4