訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

多言語WEB開発(英語・中国語)

Afa2a4e2bb93c67a8593a4c694fb1c6ab7e5986d

フィリピン・中国の現地スタッフが直接フォロー!多言語開発に携われるスタッフの質が違います!

グローバルな事業展開にWEBの活用は不可欠。当社では英語・中国語を中心に多言語でのWEBシステム開発に実績があります。

株式会社アイブイピー

東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル別館8F

Babb66fd6c97f510abce4002d29b470c8ddf8348

関連するおすすめのソリューション

タイ人向けホームページ制作

タイ人向けホームページ制作

タイ人向けホームページ制作はお任せください

Wellpage(ウェルページ)

Wellpage(ウェルページ)

言語の壁がない世界へ 世界が変わる、日本で変わる。

DG1(ディージーワン)

DG1(ディージーワン)

インバウンド&越境EC向け 多言語CMSによるサイト制作、EC、オンライン予約、アプリ、データベースマーケティングまで一元管理

多言語サイト制作の一覧を全部見る

多言語WEB開発(英語・中国語) の概要

我々は多言語WEBシステムの開発と言う事について英語と中国語をメインにしています。基本活動拠点が日本ですので、日本語が当然ベースになりますが、フィリピンと中国に拠点が存在しており、日本語・英語・中国語はネイティブレベルでの開発推進が可能です。

多言語WEB開発(英語・中国語) のポイント

基本ポイント

Point1

中国語があれば、経済発展中の巨大な市場を押さえることができる

中国語の文法はどちらかと言うと英語に近いと言われています。巷では「英語→中国語はGoogle翻訳では話にならないが、百度(BaiDu)の翻訳は結構使えるよ」と言う話も聞きます。しかし、そうだと言ってもやはり日本語→韓国語のレベルには到底及びません。やはり中国語は自動翻訳では無理なので中国語版を作成しなければならないと考えております。また、近年、ご存知の通り中国の経済発展は凄まじく、中国の消費者の消費意欲もどんどん向上しています。中国国内の一般消費者にも届く情報を公開したければやはり中国語版は別途人間の手で作成しなければなりませんね。

Point2

その他の言語=主な購買層は、英語の分かる裕福層

ベトナムやインドネシア、マレーシアなど、アジアだけを考えてもまだまだ数多くの言語が存在します。しかし、かなり独断的な発想ではありますが、これらの今から発展をしようとしている国では、一般消費者の購買力が十分に高くなるにはまだ時間的な余裕があり、現在、海外とインターネットを使ってビジネスを行ったり通常の消費行動を起こせるのは一部の裕福層だと思われます。一般的にこれらの裕福層の皆さんは教育水準が高く、特にアジアの裕福層の皆さんは英語教育水準が高いため、英語のWEBサイトで十分な情報を取得できると考えられます。

Point3

開発ドキュメントや開発管理の多言語対応も可能

外資系会社を中心にドキュメント類を英語ベースにして欲しいとか中国語ベースにして欲しいと言う要望も多く存在します。 普通の消費者に対する説明と違ってこの場合はIT及びWEBシステム開発に対する知識が必要である為、単純の翻訳を依頼すればよいと言う事にはなりません。当社では開発中のQ&Aなどを含めて開発管理そのものを英語や中国語で実施する事も可能ですので、ご相談ください。

多言語WEB開発(英語・中国語) のプランと料金

料金体系

多言語WEBシステムの開発

通常のWEB開発にかかる費用プラスαの管理費用となります。案件によって見積もりをさせて頂きますのでご相談ください。

要問合せ

多言語WEB開発(英語・中国語) のスクリーンショット

スクリーン 1
スクリーン 2
スクリーン 3
スクリーン 4
Next white

競合を含むサービスの資料を

無料で一括ダウンロード