2020年世界の祝祭日まとめ -台湾編-

訪日旅行客が増える台湾の祝祭日

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

2b08b5051f07ede2ed8ba0ad63eee1e76d01f068

JNTO(日本政府観光局)によると、2019年に日本を訪れた台湾人は累計で4,890,602人となり、国・地域別で見ると中国、韓国と続いて3番目の多さでした。 訪日台湾人の大きな特徴としては、訪日の回数が2回以上という方が80%以上を占めるリピート率の高さが挙げられます。訪日回数が5回以上という方も40%以上存在します。 現在は新型コロナウイルスの影響で訪日台湾人観光客は減少しましたが、元々リピーターが多いということを鑑みて、収束後にまた日本を訪れる台湾人が多くいることが予想されます。 そこで今回のレポートでは訪日台湾人が日本に旅行する機会が増える「台湾の祝日」についてまとめています。

レポート詳細

B1e227a60af65813d7588c46c9ba7e43a59b0b52

利用規約に同意の上

ダウンロード後に弊社よりご案内を差し上げる場合があります。

コンテンツ

-はじめに -2020年台湾の祝祭日一覧 -特徴的な祝祭日 -祝祭日以外の特別な日 -月別訪日台湾人観光客数(2014年〜2018年) -おわりに

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。