2020年の春節休暇は1月末 訪日中国人向けインバウンド対策を強化しましょう!

1月24日(土)から1月30日(木)の2020年の春節に向けて、訪日中国人向けのインバウンド対策はお済みでしょうか?1月末に向け、すぐにでも対策の準備が必要です。

2020年の春節は1月24日(土)から1月30日(木)までの7日間が休暇として発表されました。ご存知の通り、春節は中国で最も長い連休であり、さらに有給や振替休日を組み合わせて10連休を取得するようなケースもみられます。この長期休暇を利用して海外旅行する中国人は多数で、日本も人気が高い旅行先の一つです。訪日中国人の需要をしっかりと取り込む為の対策はお済みでしょうか?何をすれば良いかを検討するための「訪日中国人向けインバウンドコンサル」「中国人向けインフルエンサー」「訪日中国人向けメディア」「広告運用」「多言語の対応」「QRコード決済」など、旅マエのアプローチや受け入れ環境整備などをしっかりと進めましょう。

ピックアップ・カテゴリー

  • 訪日中国人向けインバウンドコンサル
    訪日中国人向けのインバウンドコンサルの会社を選ぶ際には、「どのような専門知識があるのか」「どのような分野を得意とするのか」をきちんと把握することが重要なポイントであると言えます。またサービスを選定する側としても、最低限「どのような課題感があるので、こうしたい」という自らの課題を把握し、改善に関する要望を整理していることは重要です。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 広告運用(中国向け)
    インターネット広告が誕生してから20年が経ち、様々な広告配信手法が生まれました。それらを束ねる広告運用という業務は、広告を入稿・配信・レポートし、クリエイティブの変更や配信ターゲット先などのPDCAをまわしていくことがその役割です。広告運用業者によっては、中国国内での広告そのもののクリエイティブを作成もできる業者、オフラインの施策も併せて運用してくれる業者などもありますが、基本的に「広告運用」といった場合には、前述の通り、名前の通りインターネット広告の運用、そしてその運用の最適化を担当します。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 訪日中国人向けメディア
    訪日外国人向けメディアを利用する際に意識したいのが、そのメディアは旅マエ、旅ナカ、旅アトのうち、どの部分に役立つものであるのか?ということです。宿泊施設であれば旅行前に知ってもらう必要があるので旅マエ、旅行中に立ち寄って欲しい飲食店なら旅マエ、旅ナカのメディアを利用するなど、自身のビジネスがどのシーンで情報として伝わるべきかを考えてメディアを利用することが重要です。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 調査・リサーチ(中国)
    インバウンド対策をする上では、様々なデータを集めてターゲットとする国を選定し、そのターゲット国に関する調査・マーケティングをしていくことが必要になります。定量的で汎用的なデータとして、観光庁の訪日外国人消費動向調査、JNTOの外客数統計などがありますが、これらのデータだけでは欲しい情報にたどり着けなかったり、自身のビジネスにマッチした情報を得られなかったりするでしょう。そこで活用したいのが中国を専門とした調査・リサーチ会社です。各調査・マーケティング会社が保有するリサーチリソースを活用したインターネット調査など様々な手法で、欲しい情報を手に入れ、インバウンド施策の打ち手に活用することができます。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 訪日中国人向けフリーペーパー
    最近では国や地域、性別、年代といったターゲットに絞られたものも出てきており、WEBサイトやアプリなどと連携したものも登場しており、プロモーションの場として期待の大きいメディアです。訪日中国人の「旅マエ」のニーズを狙ってぜひフリーペーパー施策を検討してみてはいかがでしょう?

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 訪日中国人向けガイドブック
    飲食店や小売店などの実店舗にインバウンド集客するための施策は、現在ではオンライン・オフライン施策を合わせるといくつもありますが、有力オフライン施策の一つが「訪日外国人向けガイドブック」の活用です。訪日外国人向けWEBメディアと同様に、インバウンド市場の盛り上がりに追従するように多数の訪日外国人向けガイドブックが登場しつつあります。その中でも近年は国や地域にターゲットを絞ったものも登場してきており、とりわけインバウンド市場において最大規模のマーケットを誇る訪日中国人向けガイドブックは、その流通量を増やしつつあります。訪日中国人をターゲットとする企業サイドとしては、こうした訪日中国人向けガイドブックに広告を出稿するという活用方法があります。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • QRコード決済(アリペイ・wechatペイメント)
    近年中国、韓国ではQRコードを使用したQRコード決済が一般化しています。QRコードを表示するディスプレイとカメラさえあれば、NFCの有無にかかわらず、すべてのスマートフォンや携帯電話で決済が行える。店舗側もQRコードを読み取るスマートフォンやタブレットを用意すれば良いなど、最小限の投資で携帯電話を使った決済システムを構築できる点が、その人気の秘密です。こうした決済が一般的という感覚の中国人、韓国人観光客にしっかり対応するためにも、早めの導入が肝心です。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 多言語接客支援ツール
    特にホテルのフロント、飲食店において、買い物の現場において、店員、スタッフをコミュニケーションが出来ない、コミュニケーション出来ないことによって満足出来る訪日体験が出来ない訪日外国人が一定数存在します。こうした訪日外国人の不満を解消してしっかりと訪日旅行を楽しんでもらう、またリピーター化してもらうためにも多言語接客支援ツールの導入がオススメです。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

  • 多言語化表示サービス
    スマートフォンを利用して、飲食店のメニュー、小売店の看板の多言語表示が可能な多言語化表示サービスが登場しています。基本的には端末のカメラで読み取り、それを翻訳して画面上に表示するというものですが、こうした表示や翻訳をどのように行うかによって、多様な多言語化表示サービスが存在します。このサービスの利用者となる訪日外国人観光客にとって、どのような形式が使いやすくストレスがないか、また導入する側としての使い勝手や利用料金などが選択のポイントとなるでしょう。

    他のソリューションと比較検討されたい方は、
    まとめて資料をご覧いただくのがおすすめです。

2020年の春節休暇は1月末 訪日中国人向けインバウンド対策を強化しましょう!に関連するカテゴリー

2020年の春節休暇は1月末 訪日中国人向けインバウンド対策を強化しましょう!に関連するソリューション

その他の特集ページ

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。