飲食店におけるインバウンド対策とは?

訪日外国人が日本旅行において最も楽しみにしているのは「日本食を食べること」です。訪日外国人のこうした期待を裏切らないためにも、飲食店では今からインバウンド対策を進めることが求められています。この特集ページでは、飲食店におけるインバウンド対策にまず必要な内容、そしてその対策が出来るインバウンドソリューションをご紹介していきます。

キャッシュレス対応

日本に来る訪日外国人のうち、約7割は東アジア(中国、台湾、韓国、香港)からのお客さんです。そして彼が使用する決済手段としてはキャッシュレス決済と呼ばれるQRコード決済、クレジットカード決済が一般的です。こうした対策を行うことでスムーズな支払いが可能となります。

多言語接客ツール

日本語で書かれたメニューを読めないお客さんが多いのと同様に、英語で書かれたメニューもわからないという方の対応として、QRコードで多言語メニューを表示出来るサービス、口頭の接客に使える音声翻訳デバイス、また業務効率アップの多言語チャットボットなどもオススメです。

インバウンドコンサル

どんな対策をしたら良いのかさっぱりわからない。。そういった場合にはインバウンドコンサルを専業とする企業に話を聞いてみるのもオススメです。プロならではの視点で、様々なアドバイスをもらうこと出来るでしょう。

飲食店におけるインバウンド対策とは?に関連するカテゴリー

飲食店におけるインバウンド対策とは?に関連するソリューション

その他の特集ページ

貴社のインバウンド資料を訪日コムに掲載しませんか?
完全成果報酬
初期費用無料
掲載費用無料
訪日コムには大手企業を中心に飲料メーカー、食料メーカー、コンビニチェーン、ドラッグストア、通信会社、交通系企業、TV局、不動産デベロッパー、商社などのインバウンド担当者が登録し、インバウンド対策資料をダウンロードされています。
訪日コムに資料掲載をいただくと、こうした企業の担当者情報を見込み顧客/リード顧客として入手いただけます。