訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

店舗向けWi-Fi

フリーWi-Fi箇所が少ないという問題は訪日外国人の困りごとでも上位にランクされています。お店のインバウンド対策の基本店舗向けWi-Fiサービスを選びましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

店舗向けWi-Fiの資料を

無料でダウンロード

店舗向けWi-Fiの概要

飲食店において、訪日外国人観光客の満足度を上げるための施策として、料理の美味しさや親切な対応はもちろんのことですが、意外と見落としがちなのはWi-Fi環境の整備です。海外では、東南アジアなどの開発途上国でさえ、飲食店でのフリーWi-Fiの提供は一般的なものとなっています。また、訪日外国人は日本国内ではトラベラーズSIMなどを使っており通信量にかなりの制限がある場合も多くあり、訪日外国人による飲食店でのフリーWi-Fiへのニーズは、日本人のそれよりもかなり高いものだと言えます。Wi-Fiの提供方法は、通信各社が提供する店舗向けWi-Fiを導入する場合や、個人店などが引いているインターネット回線を活用する場合。モバイル型のWi-Fi端末を活用する場合があります。

店舗向けWi-Fiのイメージ

C331faf946e6cf3c26a392a91fc5457f79a23f2a

店舗向けWi-Fiを選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

どの方式でお客様にWi-Fiを提供するのか

飲食店でWi-Fi環境を整えるには、通信各社が提供する店舗向けのWi-Fiサービスを設置するか、個人店などが既に契約しているインターネット回線を活用か、モバイル型のWi-Fi端末を活用するなどのパターンがあります。基本的には通信各社が提供する店舗向けWi-Fiサービスを活用するのが無難といえます。

Point2

モバイル型Wi-Fiを活用する際の注意点

モバイル型Wi-Fiは、導入の際に回線工事をする必要が無いこと、簡単に設置できることなどから、導入ハードルが低いことが特徴です。しかしながら、個人向けのモバイル型Wi-Fiの場合、飲食店などの店鋪で活用するには通信速度や通信量制限に難があったり、同時接続端末数に制限があったりで、実質的に活用不可能な場合があります。

Point3

個人インターネット回線をWi-Fi活用する際の注意点

個人経営の飲食店などに引いている、個人ユーザー向けのインターネット回線をWi-Fiとして提供する場合も注意が必要です。プロバイダの契約として、不特定多数へのインターネット回線提供を禁じている場合もありますし、何より、店鋪のネットワークと同一の回線を提供することは、セキュリティの観点から問題があるためです。

Next white

店舗向けWi-Fiの
資料を

無料で一括ダウンロード