訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

SNS運用(Facebook)

訪日外国人にも自社のことを知ってもらいやすくするにはSNSでの対策は必須といえます。SNS運用に特化した専門の会社に相談してプロモーション計画を立てましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

SNS運用(Facebook)の資料を

無料でダウンロード

SNS運用(Facebook)の概要

SNSとはオフライン、つまりリアルな社会・人間関係や日常生活と密接に結びつくものです。その特性もあり、SNSが企業のプロモーションに活用される事例は日本国内でも枚挙にいとまありません。インバウンドにおいても特にFacebookは海外諸国でも使われており、インバウンド対策としてFacebookページを持つのは常識となりつつあります。しかしながら、SNSでのプロモーションは継続的な運用が必要であり、さらにインバウンド向けのFacebook運用となれば、翻訳はもちろんのこと、各国のSNS文化に精通している必要があり、片手間で運用するのは難しいのが実情です。

SNS運用(Facebook)のイメージ

4ccdfa00aa3a2eaaab621e3ad475368ba91c54e4

SNS運用(Facebook)を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

運用の実績

FacebookのSNS運用実績がどの程度かというのはサービス選択における大きなポイントとなります。運用前と比較してどの程度FacebookページのLike数が伸びたのか、ポストはどの程度シェアされたのかなど、こうした数値を元にFacebookのSNS運用実績を把握しましょう。またFacebookのSNS運用実績として、実数値が取りにくい、どの程度実際の集客に寄与したのかといった内容も把握出来ているとさらに良いでしょう。

Point2

SNS運用代行業者が対応可能な言語

インバウンド向けにFacebookのSNS運用をする以上、多言語での運用は必須となります。そのため、比較・検討しているFacebookのSNS運用代行業者が対応可能な言語をチェックしておくようにしましょう。また、Facebookは各国によって特徴的な文化がある場合が多く、そのため、自社がターゲットとしている国向けのFacebookのSNS運用代行の実績があるかどうかもチェックしておくと良いでしょう。

Point3

SNS運用業者が得意な業種

SNS運用をする目的は自社の商品・サービスのプロモーションです。極端な例ですが、寿司屋とエステサロンではSNS運用におけるターゲット顧客はもとより、企画、投稿内容など全てが異なります。そのため、インバウンド向けであっても、自社の商品やサービスに関する領域が得意なFacebookのSNS運用サービスかどうかも把握しておくと良いでしょう。

SNS運用(Facebook)の一覧

Next white

SNS運用(Facebook)の
資料を

無料で一括ダウンロード