訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

メニュー多言語化

訪日外国人がメニューが読めずに注文点数が減ってしまっては、せっかく訪日外国人を集客しても意味がありません。飲食店のインバウンドの基本、メニューの多言語化を行い訪日外国人に備えましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

メニュー多言語化の資料を

無料でダウンロード

メニュー多言語化の概要

飲食店のインバウンド対応に基本中の基本と言えるのがメニュー多言語化です。せっかく食欲をそそるメニュー名を考えていても、それが伝わらなければ意味がありませんし、同様に産地にこだわった素材を使用していてもそうした魅力が伝わらなければ、こだわりのポイントを伝える事が出来ません。観光庁の発表によると、訪日外国人はこうした「日本ならでは」の「食材」「調理法」などに特に注目するようになっているというデータもありますので、こだわりのポイントをしっかりと日本語以外でアピールするようにしましょう。

メニュー多言語化のイメージ

6247097c206e722310a5ddcfa47568bf1ad86bf3

メニュー多言語化を選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

作成の手間

飲食店のメニュー多言語化に関しては、もはやインバウンド対応における基本中の基本でありますが、実際全てを自分で作成しようとするとかなりの手間がかかるものです。そこで現在はオンラインなどで簡単にメニュー多言語化を行う事が出来るようなサービスが登場しています。こうしたメニュー多言語化を行うにあたりポイントとなるのは、実際にどの程度の手間がかかるのかという点です。オンライン上のサイトから入力するだけで完成するのか、何かしら一手間必要となるのかなどが選択のポイントとなるでしょう。

Point2

対応言語の種類

飲食店のメニュー多言語化では実際に何言語のメニューを作成するのかという点もポイントの1つです。メニュー多言語化のサービスを使用すると自動で対応言語に翻訳してくれるサービスも存在しますが、せっかくだからと5個も6個も多言語メニューを用意するのは本末転倒になってしまいますので、どの国や地域のお客さんが多いのか、ターゲット客を考えてメニュー多言語化をするのが良いでしょう。

Point3

提供形式

飲食店のメニュー多言語化をする上で、このようなサービスの提供形式も洗濯ポイントとなります。つまり、多言語化されたメニューブックそのものの納品なのか、データの納品なのか、または既存のメニューにQRコードを貼付けて、それを訪日外国人観光客が読み込むことで多言語情報が表示されるシステムの納品なのか、などです。それぞれの提供形式によって、運用のコストがかかったり、納品後も自分でカスタマイズが可能だったりなど特徴があるため、納品後の提供を見越して比較検討すると良いでしょう。

メニュー多言語化の一覧

Next white

メニュー多言語化の
資料を

無料で一括ダウンロード