訪日外国人集客・インバウンド対策サービスの資料請求・比較サイト

訪日タイ人向けメディア

訪日外国人は旅行計画を立てる際にWEBメディアを参考にして、買いたい商品やお店を選んでいます。WEBメディアに自社の商品やお店を掲載してもらい集客に活かしましょう。

まずは各社を比較!

無料で一括ダウンロード
Next navy

迷ったら各社を比較!

訪日タイ人向けメディアの資料を

無料でダウンロード

訪日タイ人向けメディアの概要

訪日外客数は毎年過去最高を更新しつづけており、ついに2016年「訪日外国人2000万人時代」に突入しました。インバウンド市場の拡大にあわせて、訪日外国人向けメディアに注目が集まっています。以前から日本の観光情報・文化を紹介していた訪日タイ人向けメディアもあれば、インバウンド市場の爆発的な伸びに注目して新規に立ち上がった国内の訪日タイ人向けメディアも数多くあります。近年注目を集めているのが訪日タイ人向けメディアです。親日家が多く温厚な人が多いタイは、特にアニメなどを通じて日本好きになった人が多いのが特徴です。こうしたタイ人の特徴をしっかりと抑えているかが選択のポイントになります。

訪日タイ人向けメディアのイメージ

506d1926ebdb4e16d454c528bfef2f69a1cfb83a

訪日タイ人向けメディアを選ぶときのポイント

基本ポイント

Point1

実際に訪日タイ人に知られているか

タイはその言語の特徴もあり、インターネットサービスも独特な進化を遂げると言われています。そのため他の訪日外国人に人気のサイトがタイ人にも人気があるわけではなく、タイ人にとってもわかりやすい、知られている訪日タイ人向けメディアであるかどうかが選択のポイントとなります。サイトがしっかりとタイ語で表記されているか、また宗教上の戒律や食文化などもしっかりと理解している訪日タイ人向けメディアであるかどうかも選択のポイントとなるでしょう。

Point2

メディアのコンテンツの内容

訪日タイ人向けメディアとしてどのようなジャンルに注目しているかにも注意が必要です。例えば、オタクカルチャーを中心としたコンテンツを展開する訪日タイ人向けメディアに"匠の技が光る包丁"の記事広告を出しても効果はあまり見込めないでしょう。基本的にはタイ人は特に日本のアニメ文化などのファンが多く、コミケなどを目的地として日本を訪れる人も多いのが特徴です。その訪日タイ人向けメディア実際にどのようなジャンルを得意としているのか、どのような記事や口コミが多いのかなどを見極める事が必要です。

Point3

メディアのPV・伸び率

メディアの現状のPVや伸び率は、特にメディアでのバナー広告出稿を考えている場合には重要な指標になります。単純にPVが多ければ多いほどリーチする対象が増えます。また、インバウンド市場の盛り上がりによって人気のメディア・不人気のメディアが別れはじめています。広告出稿などを検討している訪日タイ人向けメディアが提供する資料などでPVや、その伸び率などを把握すると良いでしょう。

Next white

訪日タイ人向けメディアの
資料を

無料で一括ダウンロード